人生に疲れ、闇の中でセミリタイアを願う

30代で癌に侵され、治療して会社に復帰したが肺に転移し、再度治療後会社に復帰するもパワハラでうつ病となり退職。人生に疲れ働く気力を失う。もはや不労所得しかない…株式投資で配当金生活を叶えてみせる!

お通じも良くなり、ダイエット食として最適!!鶏ゴボウ大根煮… 他、能力主義の社会の中で…

別居生活69日目

ちょっと遅めに起きて、風呂に入った。

 

いつも通りにNTKKGを食べる。

またこれもいつも通りのことだがポテチが食べたくなるw

 

俺は自転車でスーパーに向かった。

外は天気が良くて暖かいが風が強かった。

 

スーパーでポテチとカフェオレ、それからポンカンを買った。

帰宅後は、ポテチを食べながらの幸せタイムを満喫。

 

夕食は昨日作った鶏ゴボウ大根煮があるから大丈夫だ。

夜は極力炭水化物を控えている。

 

・・・・・

 

【鶏ゴボウ大根煮】

 

〇材料

 

鶏もも肉600グラム 537円

ゴボウ1本 158円

大根1本 158円

こんにゃく大1丁 128円

 

材料費計1000円くらい

この量だと5日間分の夕食になる。

 

〇作り方

 

大きめの鍋に水と大根を入れ火にかける。

ゴボウを切って水につけておく。

 

フライパンで鶏肉を塩コショウ、ゴマ油で炒めて鍋に入れる。

鶏肉を炒めたフライパンでゴボウを炒めて鍋にいれる。

 

こんにゃくを手でちぎって鍋にいれる。

本だし、みりん、醤油を入れて20分間煮る。

 

火を消して、そのまま冷まして味を染み込ませる。

冷めたら冷蔵庫で鍋ごと保存する。

冷蔵庫で1週間保存可能だ。

 

f:id:kabu-life:20190321214032j:plain

鶏ゴボウ大根煮

 

f:id:kabu-life:20190321214051j:plain

鶏ゴボウ大根煮アップ!!

 

前日に作っておいたから味がすごく染みている。

その日食べる分だけを小鍋に入れ、そこに豆腐1丁も追加して温めて食べる。

 

夜は炭水化物を控えているからご飯は食べない。

ご飯を食べないかわりに、豆腐1丁(39円)を入れて満足感を出す。

 

ちなみにこれを食べるとお通じが抜群に良くなる。

ダイエット食として最適だ。

 

・・・・・

 

【桜井章一さんの言葉】

 

”才能のある人はこの社会では重宝される。

しかし、私はそんな才能以前に、人はもっと大事な才能があると思っている。

 

その才能に気づいていれば、わざわざ自分の中に社会で商品になる才能を見つけだして

磨こうなどと一生懸命に努力しなくてもいいと思う。

 

そういう能力主義は必然的に苛烈な競争を生むものなので、ある面、人を確実に不幸に

している。”

 

 

最後に…

 

桜井さんの言っていることがよくわかる。

 

自分には才能というのもがなかった。

勉強も普通、運動も普通、家は貧乏、大学にも行っていない…

 

26歳で会社員になって慌てて努力しだしたが、幸せになれなかったどころか、逆に不幸に向かっていった…

 

そんな能力主義の社会に俺の身体は悲鳴をあげたんだよなぁ…