人生に疲れ、闇の中でセミリタイアを願う

30代で癌に侵され、治療して会社に復帰したが肺に転移し、再度治療後会社に復帰するもパワハラでうつ病となり退職。人生に疲れ働く気力を失う。もはや不労所得しかない…株式投資で配当金生活を叶えてみせる!

常識をくつがえせ!!他、大切なこと…

別居生活67日目

ゆっくりと起きていつも通りのルーティンをこなす。(入浴、NTKKGを食べる)

 

食後、しばらくゆっくりしているとポテチが食べたくなる。

まあいつものことだが…

 

俺は自転車でスーパーに向かった。

ポテチとカフェオレをカゴに入れ、夕食で悩む。

 

今日は作りたくないから弁当で済ませよう。

夕食にのり弁450円を購入した。

 

帰宅後はポテチを食べながら幸せタイムを満喫した。

明日は失業認定日でハローワーク行かなきゃならないから忘れないようにしないとな…

 

・・・・・

 

【イチロー選手の言葉】

 

”そもそも僕は、選手生命が40歳から50歳に延びることについては、何ら不思議なこと

ではないと思っているんです。”

(自分の選手生命について語った言葉)

 

 

先日記者会見で、米メディアから「いつ引退するか?」ということを聞かれたようで…

 

イチロー「いつ分かるんですかね。それは僕にも分からない。」

 

イチローはちょっとムッとしていたと思う。

少なくてもイチローは50歳まではやるつもりだと思うなぁ~

 

イチローが生き甲斐を聞かれた時の言葉↓

 

”常識と言われることを少しでも変えてやろうというのが僕の生き甲斐の一つにある”

 

きっとイチローは選手生命の常識を覆すだろうな…

間違いない…

 

現在45歳

あと5年はやれる!!

 

f:id:kabu-life:20190319235320j:plain

50歳現役までレーザービームは健在だ!!行け!!イチロー選手!!

・・・・・

 

【桜井章一さんの言葉】

 

 ”あるお寺の座禅修行に参加した外国の女性が半日断食をした後に出された僅かなお粥

と沢庵が生涯で一番美味しいとしみじみ感じたという話を聞いたことがある。

 

どんなに贅沢な食事よりも、ただのお粥と沢庵という「足りてない」食事のほうが

感動的で美味しかったというのは、ふだんの食事は当たり前のことと思ってあまり

有り難く食べていなかったということでもある。”

 

最後に…

 

桜井さんの言う通りだよなぁ。

俺は昨年、親父の葬儀に出席する為に田舎へ帰省した時に妹家族と一緒だった。

 

俺は子供がいないが、妹には子供がいる。

妹が昔の話をした。

 

妹「そういえばお兄ちゃん…昔子供の頃、おじいちゃんの家に行った時に生きている

  軍鶏を殺して食べさせてもらったよね。」

 

俺「ああ、覚えてる、そんなこともあったなぁ…」

 

すると、7歳の姪っ子が…

姪「えー殺したの!残酷だ、かわいそう…」

 

俺「俺たちはそうやって命を食べて生かしてもらっているんだよ。」

 「だから必ず食事の前には手を合わせて、いただきますって感謝し、食後も

  手を合わせてご馳走様でしたって感謝するんだよ。」

 

その後、親戚一同の食事会の際に、姪っ子は食べる前にきちんと手を合わせて

「いただきます!」と言って食べ始めた。

 

姪っ子は俺と目を合わせながらニッコリとほほ笑んだ…

とても嬉しかった…

 

姪っ子よ、その気持ちをずっと忘れちゃだめだよ。

感謝する大人になるんだよ…