人生に疲れ、闇の中でセミリタイアを願う

30代で癌に侵され、治療して会社に復帰したが肺に転移し、再度治療後会社に復帰するもパワハラでうつ病となり退職。人生に疲れ働く気力を失う。もはや不労所得しかない…株式投資で配当金生活を叶えてみせる!

スッポンの血を飲んだら…

別居生活58日目

今日は全く起きれず、すでに10時過ぎていた…

 

サバイバル動画を見ると、凄く疲れるなぁ…

凄く集中して見てしまうからだな。

 

ブログの文字を読むのもキツくなってきた…

動画見るのはしばらくやめておこう…

 

とりあえずは風呂だな。

俺はいつも通り風呂に入って、NTKKGを食べた。

 

ポテチが食べたいな…

自転車でコンビニに行った。

 

今日は天気が良くて暖かい…

気持ちがいいな…

 

公園で散歩でもしたいけど、今日は疲れているからやめておこう…

ポテチとカフェオレを購入した。


帰宅後は、ポテチを食べながら幸せタイムを満喫する。

幸せだなぁ~

 

・・・・・


テレビを見ていたら学校給食でスッポンを出しているのを見て驚いた…

給食でスッポンとは、凄いな…( ゚Å゚;)

 

スッポンか~

なんだか懐かしいな…

 

もう20年も経つんだな…

板前だった頃は、よくスッポンをさばいたっけな。

 

特に見習いの頃は、自分でスッポンを購入してさばく練習をしたんだ。

その頃の給料は、月12万くらい。


スッポン1匹3000円くらいだったと思う。

始めてスッポンをさばく練習をした時は凄く緊張した。

 

スッポンは、歯が鋭く噛まれたら大変なことになるからな…

俺は左手に軍手をして、右手には出刃包丁を持って緊張していた。

 

注意して網からスッポンをまな板の上へ…

 

やり方は、軍手をした左手でスッポンの尾の方を持って、腹を上にひっくり返した状態

でまな板の上に置くんだ。

 

そうするとスッポンは、甲羅から首を伸ばしてブリッジし、逆さになった体を

ひっくり返して体勢を元に戻そうとする。

 

この甲羅から首を出したところを狙うのだ。

首を出した瞬間、軍手をした左手でスッポンの首を素早くガッと掴む。

 

首を掴んだらそのまま甲羅側の首元を出刃包丁で切断する。

切断後もまだ首を離してはいけない…


生命力が強くまだ生きているから噛まれてしまう…

首を掴んだまま、今度は出刃包丁でスッポンの口を切断して安全を確保する。

 

これで、首を離しても大丈夫だ。

それでも首はまだ動いているからすごい…(-_-;)

 

なんて生命力だ…

次はスッポンの胴体を持ち、切り離した首跡から出てくる血をコップに注ぐ。

 

スッポン1匹でコップ半分くらいの血がたまる。

スッポン料理屋では、この血を酒で割って食前酒として出している。

 

俺は一口飲んでやめた。

美味くないし、酒が飲めないからな…

 

血の臭さは酒のアルコールでなくなってはいるが…

美味しいものではない…

 

ただ赤い色をした日本酒を飲んでいる感じだ…

スッポンは生命力が高いからか…血は栄養があって精力がつくとは言われているけど…

 

 どうなんだろう?

一口しか飲めなかったからわからないw

 

その後は、甲羅から手足を切り離して「湯引き」と言って熱湯をかける。

 

熱湯をかけて、表面の汚れや薄皮を洗い流して掃除する。

下処理はこれで完了だ。

 

あとは下処理した甲羅、首、手足と水、酒、昆布を鍋に入れて煮る。

 

煮込んでスッポンのエキスが出たら、お好みの野菜を入れてスッポン鍋として

美味しく食べられる。

 

・・・・・


【イチロー選手の言葉】


"言ってもらえれば、センター返しはいつでもできます。"