人生に疲れ、闇の中でセミリタイアを願う

30代で癌に侵され、治療して会社に復帰したが肺に転移し、再度治療後会社に復帰するもパワハラでうつ病となり退職。人生に疲れ働く気力を失う。もはや不労所得しかない…株式投資で配当金生活を叶えてみせる!

究極の唐揚げは、最高の味わい…

別居生活51日目
もう、今日は目覚ましをセットせずに寝まくった…

 

ブログとTwitterの両方で脳がかなり疲れたみたいだった。

寝たら脳が回復してスッキリだw


いつものように風呂に入って、NTKKGを食べた。

そういえば、嫁が来るんだった…


何時頃くるか確認してみよう。

 

嫁『今日、お昼どこかで食べて、そのあと神社に行こうよ!』

 

食べたばかりだけどまぁせっかくだから行くか…

俺は支度して自転車で近所の中華料理屋に向かった。

 

到着すると、すでに嫁が席についていた。
いつも遅れてくる嫁が珍しいな(笑)

 

嫁『遅いよ!』

 

人には厳しいw

席についてメニューを見る。


俺は唐揚げ定食、嫁が五目あんかけ焼そばを注文した…

俺はここの唐揚げが大好きだ。


鶏のもも肉を使っているな、まぁこれはどこでもそうだが…

普通、鶏の唐揚げの衣は片栗粉を使うんだが、ここは小麦粉を使用しているな。

 

おそらく小麦粉と片栗粉もいれて、あとは玉子と水で衣を作っているだろう。

要はフリッターの衣な感じだ。

 

ここの唐揚げは、特製のタレをつけて食べる。
このタレがスゴい味でクセになる。

 

醤油と砂糖で甘辛くした感じだが、深い味わいなので他に何かを入れているのだろうが…

分かりやすくいうと、天丼のタレに何かを足してもっと深い味わいにした味だ。

 

まず最初に、こんがりカラッとキツネ色に揚がった唐揚げをこのタレに漬け込む。

漬け込んでいる間に、まずは野菜サラダから食べ始めるんだ。

 

サラダを食べたら次は、玉子スープを飲む。
さぁ、いよいよタレに漬け込んだ唐揚げをいただくとするか!!

 

箸で唐揚げを掴んでご飯の上にのせる。
もうすっかり、衣にはタレが染み込んでいる。

 

ご飯にもタレが染み込んでいく。
タレが染み込んだ唐揚げを口にはこぶ。

 

( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆

うーまーいー!!


甘辛いタレが染み込んだ衣がすごくいい!
この衣だけでご飯がすすむ。

 

もも肉にも下味がされており、パサパサせずにジューシーだ。

ここは、夫婦でやっている個人経営だが、いつも昼時はお客でいっぱいになる。

 

ここのご主人は、もともと有名高級中華料理店で修行していたから流石だ。

しゃべらずに黙ってもくもくと仕事をしているので、職人気質だろうな。

 

店内や厨房がとても綺麗で清潔感があって衛生的だから、相当できる職人さんとみた…

 

 ・・・・・

 

【イチロー選手の言葉】

 

”ここで打ったらえらいことだな。打たなくてもえらいことになる。

日本での視聴率もごっついな、ここで打ったらオレ持ってるよな…

 

そんなことが頭に浮かぶときは、ろくな結果になりません。

 

でも浮かんでしまった以上、消すこともできないから、こうなったらこの流れに

便乗したれと思って、ちょっとした実況中継が始まったんです。

 

「さあ、この場面でイチローが打席に入ります!」みたいにね。”