人生に疲れ、闇の中でセミリタイアを願う

30代で癌に侵され、治療して会社に復帰したが肺に転移し、再度治療後会社に復帰するもパワハラでうつ病となり退職。人生に疲れ働く気力を失う。もはや不労所得しかない…株式投資で配当金生活を叶えてみせる!

プロ意識と感謝の心があるかないかで決まる…

別居生活30日目
今日はなんだか朝まったく起きられず…

 

起きたら10時過ぎていた…
雪が降っているせいかな…

 

めちゃくちゃ寒い…
ブログは昨夜、予約投稿しておいたから7時に公開されていた!

 

今さら気付いたが、予約投稿便利だな…
これからは、この手でいこう…

 

いつものように風呂に入って、納豆卵鰹節かけご飯を食べた。

食後にゆっくりしていると、嫁からLINEがきた…


昨日俺が作った、けんちん汁を貰いに来るそう…

雪はやんでいた。


しばらくすると嫁が来たので、俺はけんちん汁を入れて準備しておいたタッパーを

渡した。

 

俺『お義父さんの分も多めに入れておいたからね!』

嫁『ありがとう!こんなにもらっていいの?』


俺『まだたくさんあるから大丈夫だよ!』
 『気を付けて帰ってね!』

 

嫁と別れてから、コンビニに行った…
例によってポテチが食べたくなったからだ(笑)

 

なんか大雪って騒いでいたわりに雪やんでるな…
まぁ良かった!

 

コンビニで、ポテチとカフェオレを買った。
帰宅後は、ポテチを食べながらのんびりした。


・・・・・

 

回転寿司のアルバイトが不適切動画を投稿したというニュースを見た…

ふと昔を思い出した…

 

もう28年前の話になるが…

俺は高校生の頃、回転寿司でアルバイトをしていた…

 

もうとにかく俺の家は貧乏だったから、自分でバイトして稼ぐしかなかったからだ…

稼いでバイクを買いたいし、免許も取りたい…

 

もう毎日、回転寿司にいってアルバイトをした…

まだできたばかりの店で、流行っていていつも並んでいた…

 

次々に出店し店舗も4店舗に増やしたくらいなので、とにかく忙しかった…

 

夏休みの時期は朝の仕込みから夜の閉店まで一日中フルで働いて、給料は1ヵ月20万を超えた…

 

まだ高校生になったばかりの16歳だが、やる気さえあれば仕事は何でもやらせてもらえた…

 

寿司ネタを切るのもやったし、シャリも作った、お客の前に出て握りもやっていた…

今考えると俺はやってはいけないことをしていたと思う…

 

だって、16歳のアルバイトにお客の前で寿司を握らせてしまうのだから…

だから俺は調子にのっていた…

 

なんだ俺にも寿司を握るくらい簡単にできるじゃないかって勘違いを…

 

その当時の俺は、当然「プロ意識」や「感謝の心」もないし、ただ金が欲しいから

バイトをしているレベルなのだから…

 

板前さん達は何も言わなかった…

ただ忙しいから助かるよって…

 

だから、なるべく楽をしようとしてしまう…

 

シャリを炊くのも忙しい時間をさける為、かなり前に炊いてしまうとか…

寿司ネタを切るのも、事前にいっぺんにたくさん切ってしまうとか…

 

巻物も事前にたくさん作ってしまったり…

 

それでも板前さん達は何も言わないばかりか、自分がやらなくて済んだからなのか…

とにかくとても喜んでくれた…

 

美味しい寿司を提供する為には、シャリを炊くタイミングや寿司ネタを切るタイミングが重要なのに…

 

時間が経ち過ぎると、シャリも美味しくないし、ネタも酸化して鮮度が落ちてしてしまう…

 

お客に本当に美味しい寿司を提供しようとしたら楽はできないのに…

 

この頃の俺はそんなこと考えにも及ばなかったし…

板前さん達も何でも俺にやらせて楽をしようとした…

 

そんなアルバイトの俺に何でもやらせてしまうのだから…

今考えるとあり得ない…

 

ちなみにその回転寿司は今はない…

あれほど繁盛していた店だったのに…

 

まぁ、何もわかっていない俺に、何でもやらせていたくらいだから当然だよな…

本当に美味しい寿司を提供しようという気持ちに欠け、楽をしようとする…

 

当然、お客は離れていく…

そんな「プロ意識」「感謝の心」のない者が提供する物が美味しいはずがないのだから…

 

バイトして稼いだ金で免許を取って、400ccのバイクを70万円くらいで購入した…

バイクなんて買わずに、貯金しておけばよかったのに…

 

いろいろと俺は本当に未熟者で半端者だったなぁ…

 …

 

・・・・・


【イチロー選手の言葉】


゛今シーズン、ここまできて思うのは、プロとして勝つだけが目的ではない。


これだけ負けたチームにいながら、最終的にこんな素晴らしい環境の中で野球をやれて

いるということは、勝つことだけが目的の選手だったら不可能だと思うんですよね。〝