人生に疲れ、闇の中でセミリタイアを願う

30代で癌に侵され、治療して会社に復帰したが肺に転移し、再度治療後会社に復帰するもパワハラでうつ病となり退職。人生に疲れ働く気力を失う。もはや不労所得しかない…株式投資で配当金生活を叶えてみせる!

孤独死問題…俺はこのままだと孤独死か…

別居生活15日目
朝なかなか起きられず…

 

それでもなんとか起きて、前日書いた記事を見直してからブログを更新した…

寒いので風呂に入って、納豆卵鰹節かけご飯を食べた…

 

まだ疲れてるな…
寝よう…

 

俺は布団に入って深い眠りについた…

 

目が覚めると午後2時過ぎていた…
あぁ、良く寝たな…

 

スマホを見ると、あれほど毎日LINEやら電話があった嫁からは何も連絡がない…

まぁしばらく仕事は入ってないみたいだから頼みごとがないからかな…

 

連絡がない日があるのは初めてのことだ…
俺は初めて別居しているということを強く認識した…

 

逆に連絡がないとなんだか寂しい気持ちになった…
俺も嫁に依存してたんだな…

 

孤独感が襲う…
このままだと孤独死…

 

自由に生きるということの代償だな…

所詮、人は一人だ…


これからは一人で生きていく覚悟をもて…
一人で生きていく強さをもて…


・・・・・

 

電気代が¥16,000だと…!Σ(×_×;)!
原因はわかってる…

 

ほぼ1日中暖房付けっぱだったからな…
うちはフローリングだ…

 

いつもなら冬は、フローリングにアルミシートを敷いて、その上に電気じゅうたんを

敷いて過ごすんだが…

 

嫁とのことで疲れてて、その作業ができなかった…

このままだとまずいな…


やるしかないか…

 

俺はテーブルや椅子等を別室に移動させて、フローリングにアルミシートと

電気じゅうたんを敷いた…

 

ふぅ~、なんとかできた…
電気じゅうたんのスイッチをいれる。

 

うわ~やっぱり全然違う、とても暖かい…
俺は暖房を消した…

 

電気じゅうたんからの暖かい空気が上に向かって流れてきて、俺の体を包み込む…

電気じゅうたんは電気代が安く済むんだからもっと早くやれば良かった…

 

・・・・・

 


【イチロー選手の言葉】

 

゛空振りだとか三振だとかに一喜一憂しないということが大事です。
そこで、打てない、もうダメだと思ってしまったら、次の打席には立てないですよ。


たとえ、3打席、4打席ダメであろうと
『次』につなげる打席にしなければ、打ち取られてしまうでしょう。〝

 


゛三振しても打ち取られても、そのピッチャーを打つための『何か』を得られれば

いいわけで、僕は打席ごとに勝った負けたと騒がないように心がけています。〝

 

・・・・・

 

 

最後に…


結局夜に嫁から何回かLINEがきた…(^_^;)))
俺への依存はそう簡単には治らないかな…

 

俺もちょっと安心してしまったが…
これからどうなるかはわからないが、とにかく今はこの生活が心地よい…

 

この別居生活は、お互いに幸せになる為のステップだと思っている…

 

次につなげる『何か』を得るんだ…