人生に疲れ、闇の中でセミリタイアを願う

30代で癌に侵され、治療して会社に復帰したが肺に転移し、再度治療後会社に復帰するもパワハラでうつ病となり退職。人生に疲れ働く気力を失う。もはや不労所得しかない…株式投資で配当金生活を叶えてみせる!!

8時間耐久!夫婦喧嘩の結末は… ついに俺は言った…もう離婚したほうがいいよ…

別居生活10日目
とても憂鬱だ…

 

前日の夜、嫁から頼まれた事務作業をしていると嫁から連絡がきた…

 

嫁『明日どうしてもそっちのデスクトップパソコンで作業しなきゃならないから

  10時頃いくね!』

 

嫁がくる…
今は会いたくないのにな…


嫌な予感がしてしょうがない…

そして、やはりというかついに事件が起きてしまった…

 

嫁がきた…

嫁がパソコンで作業をしていると…


嫁『ちょっと追加でこの作業やってくれない?』
俺『そこまでは俺できないから、自分でやってよ!』

 

この俺のたった一言で、嫁がブチキレた…

 

嫁『なんでいつも否定なの!全部イエスでやってよ!』

 

(そんな無茶苦茶な…)
(でも言い返すと、10倍にして返されるからなにも言えない…)

 

俺『わかったよ…やるよ…』

 

ここで2時間くらい怒られ続ける…
俺は右から左で受け流すしかない…


言い返したら火に油を注ぐのでまずい…

2時間くらいかけてやっと作業を終えた…


その間も怒られ続ける…

もう疲れたよ…だから来てほしくないんだ…


鬱が酷くなる…

嫁はお客と打ち合わせを始めたので、その間は解放された。

 

俺は別室に避難しスマホでブログをやっていた…
打ち合わせが終わったようで、また嫁から呼ばれた…

 

怒りはまた再燃した…


俺『頼むからもう勘弁してくれないか…』
 『あなたの作業で疲れたし…』
 『頼むから今日はもう帰ってくれない?』

 

嫁は、マウスを投げたり、キーボードを投げたり、荒れまくった…

俺は黙って聞くしかない…


どうにもならない…
頭がおかしくなる…

 

せっかく別居して落ち着いてきたのに…
だから今は会わないほうがいいのに…

 

嫁は泣きながらわめきだしてとまらない…
ヤバイな、近所迷惑だよな…

 

俺はたまらず、嫁のお義父さんに電話した…

 

俺『お義父さん、◯◯ちゃんが暴れてしまってるので、ちょっと来てくれませんか?』

 

お義父さん『もう離婚したほうがいいんじゃないか?』

俺『はい、私もそう思います。』


お義父さん『すぐに帰って来るように伝えてくれ!』

 

電話を終えると…

 

嫁『なんでお父さんに電話するのよ(怒)』

 

俺は我慢の限界がきて言った…

 

俺『流石にもう離婚したほうがいいんじゃない?俺も疲れたし…』

 

嫁は、過去のことを持ち出して俺を責め続ける…

帰ってくれない…


泣きわめくばかり…
もう5時だよ…いったいいつまで耐えればいいんだ…

 

しまいには…


嫁『背中かいて!』

 

俺は嫁の背中をかいてあげる…

 

嫁『実家まで送ってよ!』

 

自転車で嫁と実家に行った…

はぁ~疲れた…


別居の意味なし…

嫁はいつからかちょっとしたことでキレるようになった…


更年期障害なのかな?

 

そりゃ俺だって、できれば一緒にいてあげたいが、このままでは俺のほうが

潰れてしまう…

 

ちょっと限界だな…
離婚しようと言っても暴れて別れてくれないしな…

 

どうしたらいいんだ…

明日嫁からどんな連絡くるんだろう…


気が滅入る…


・・・・・


【イチロー選手の言葉】

 

゛これでいいと思えるものを見つける。
確かに、その瞬間は『今はこれでいい』って思えるんです。


でも1週間後には、また変わってくる。
『これでいい』と思っていたものが、『いい』とは思えなくなってくる。


それで、今度は『もっといいもの』をまた探し求めなくてはならない。
この繰り返しなんですよね。


でも、この探し求めるということが面白いし。
これが、野球を続けられるモチベーションなんですよね。〝