人生に疲れ、闇の中でセミリタイアを願う

30代で癌に侵され、治療して会社に復帰したが肺に転移し、再度治療後会社に復帰するもパワハラでうつ病となり退職。人生に疲れ働く気力を失う。もはや不労所得しかない…株式投資で配当金生活を叶えてみせる!

夫婦喧嘩の最大の原因は…

別居生活6日目…
俺は自由な生活を満喫している…

 

嫁からLINEがきた…

 

嫁『おはよう、新規の依頼がきたから請求書を作ってくれる?』

俺『おぉ、大企業からの依頼か!凄いな…』


嫁『うん、ホームページからの依頼だからカブライフ君のおかげだよ!』

 

思えば、嫁のホームページ作成の費用を捻出する為に俺はだいぶ苦労を

強いられたんだよな…

 

ふとその時のことを思い出していた…

 …

 

・・・・・過去の回想・・・・・


嫁『ねぇ、カブライフ君、中小企業向けに助成金の申請ができるみたいだから頼める?』

俺『えー、俺そんなめんどくさいことできないよ…』

 

嫁『その助成金でホームページ作成の費用を捻出したいからお願い!』

 

試しに申請方法を見てみたら驚いた…


かなり、めんどくさい資料を作って提出しなければならないし…

しかも、応募件数もかなり多いらしく採択率が30%くらいだと言う。

 

大変な思いをして資料を作っても採択されるのが30%か…

 

俺『うつ病の俺にこんなことさせるの?』
嫁『仕事してないんだからこれぐらいやってよ!』

 

俺『…』

 

嫁から強引に頼まれ、やるしかなかった…
しかし、この資料作りは、うつ病を抱えた俺にとって地獄の作業だった…

 

とにかく嫁は俺をなんでも使おうとする…
今はゆっくりさせて欲しいのに…

 

結局、1カ月くらいかけてなんとか資料ができた…


しかし、この作業によって俺はさらに気分が落ち込みイライラはしては

嫁と喧嘩ばかりだった…

 

俺『こんな助成金の為に夫婦喧嘩ばかりして、それでいいの?』

 

喧嘩の果てに離婚届けまで取りに行ったり…
離婚届けに記入したり…

 

・・・・・回想終わり・・・・・

 


結果、助成金が採択されて、俺はホッとした…
もう二度とやりたくない。

 

俺は嫁から依頼された請求書を作って送信した…

 

そういえば、カレーが食べたいなぁ…


嫁がいるとダイエットの都合上、カレー作れなかったからな…

早速、自転車でカレーの材料を買いに行った。


今日は天気が良いけど風が強いな…

肉屋に行って100グラム111円の豚の小間切れを300グラム購入した。

 

次にスーパーに行ってカレー粉と野菜を買った。

カレー粉は、ジャワカレーの辛口


野菜は人参と玉ねぎを購入した。

 

【カブライフ流、めんどくさいことを省略したカレーの作り方】

 

めんどくさいので、じゃがいもは使わない!
フライパンで炒めたり、洗うのめんどくさいので省略!

(※でも、本当はめんどくさくても炒めたほうが確実に美味しいです!!)

 

鍋に水を入れて火にかける。
沸いたら、豚肉を入れる。


アクをとって人参と玉ねぎをいれる。
沸騰後、15分煮たら火を止めてカレー粉をいれてよく混ぜる。


カレー粉が溶けたら火にかける。
沸騰後、15分煮る。


この時は絶えず、しゃもじで混ぜていないと鍋底が焦げてしまうので注意。
そうすると玉ねぎが溶けてなくなってくる状態になる。


火を止めて鍋蓋をして完成!

 

でもカレーって、できたてはまだ味が馴染んでいないから、ある程度時間を

おいたほうが旨い!

 

煮物もそうだけど、煮込んでから冷める過程で 素材に味が染み込んでいくからだ。

素材に味が染み込み、素材の旨味がだし汁によくとけだして、味が整う感じだ!

 

俺が料亭の板前だった頃も、その日お客様に出す煮物は必ず前日に仕込むのが鉄則だった。

 

カレーも翌日のが美味しいのはこんな理由だ。


・・・・・


【イチロー選手の言葉】


゛打席ではいつも何かを考えながら、微調整をしています。

 

意識を置くポイントは、時期によっては足だったり、手だったりするんですけど

少しずつ自分の思い描くイメージに自分の形を修正しています。


たんに打つことを繰り返しているだけじゃダメです。
そんなに簡単なものじゃない。


どうすればいいのかも、もちろん見えています。〝