人生に疲れ、闇の中でセミリタイアを願う

30代で癌に侵され、治療して会社に復帰したが肺に転移し、再度治療後会社に復帰するもパワハラでうつ病となり退職。人生に疲れ働く気力を失う。月間21万PV達成!!感謝<(_ _)>

健康を犠牲にして、手に入れた金がたったの2000万円 (番外編6)

うつ病で約1年間の休職を経て、今年の3月で会社を退職した…

 

会社は俺を部長という名ばかり管理職にして、無給の休日出勤や長時間の

サービス残業を散々強いてきた。

 

本社部長で年収がたったの450万円だった…

 

ちなみに会社の年間売上高は約50億である。
従業員数も1000人を超える。

 

肺に転移した癌の手術から2週間後に会社に復帰した。

だが復帰後すぐに上司からの嫌がらせやパワハラを受け、うつ病になって休職した…

 

俺は立場上、会社がしてきたとんでもない事を知っている…

何かを感じたのか会社も焦って動いたようだ…

 

会社は俺が使っていた会社用のメールをすぐに削除していた…

そして、口止めの誓約書も送られてきた。


その誓約書への署名と引き換えに、退職金と有給を支払うという脅迫まがいのことを

してきた…

 

退職金と言っても17年間勤めてたったの50万円だ…
俺はめんどくさくなって署名して送り返した。

 

俺は会社を退職してから、これからの生きる道を探っていた…

まずパワハラでうつ病になった事実から労災を考えた。

 

無料相談を行っている弁護士へ相談してみたが以下の理由で労災認定は難しいだろう

という…

 

・パワハラがあってからすでに1年以上経過していること。

・ICレコーダーなどで録音したパワハラの証拠がないこと。

 

なるほど…

まさかパワハラされると思ってなかったからな…


タイミング的にとても録音はできなかった…

まぁ俺が浅はかだったということか…

 

ここはスッパリ諦めて次の道を探ろう…

次はどんな方法があるんだ…

 

傷病手当は8月で1年半だから打ち切られてしまう…

9月からは、ハローワークへ行って失業手当をもらうことになるのか…

 

だが失業手当ては、このままだとたったの120日しかもらえないし、待機期間もある。

 

なにか方法はないか…
俺は必死に調べまくる…

 

!?

 

障害者手帳か!!
手帳を取得すればたとえ3級だったとしても失業保険が300日もらえるのか!

 

しかも、まともに働けなくなった俺でも障害者雇用ならなんとかなるか?

だが、それだけじゃ足りない…

 

もっと先を考えろ!
失業保険が終わったその後はどうする。

 

障害者雇用だけでは生活できる金は得られないぞ…

何か方法は?

 

!?

 

障害年金か!!

審査が通るかどうかはわからないがやってみなければ、先が見えない…

 

障害年金の申請方法を調べた…
こりゃ厄介だ!個人でやるのは大変だしちょっとした知識もいるな…

 

皆、社労士に依頼するのが普通みたいだ…
社労士に支払う報酬はどこも10万円くらいか…

 

10万円も払うのはバカらしいな…
自分でできないかな…

 

俺は一度年金事務所に電話予約をして相談に行った。
担当者から申請用紙、診断書、必要書類等をもらい、説明を受けた…

 

担当者『うつ病と癌の2種類申請しますか?』
俺『うつ病で申請を考えてたんですが、癌でも申請できるんですか!』

 

担当者『申請はできますが、手術で癌を取ってしまうと申請してもほぼ通らないと

    思います。』

 

俺『でしたら、うつ病のほうだけで結構です…』


一通り説明を受けたが、これは自分で申請できるな…
確かにめんどくさいが難しくはない…

 

ただ公的書類集めがめんどくさいが、俺はもともと仕事でこういう書類を扱って

いたからできる。

 

俺は実行した…

まず8月で傷病手当が打ち切られる前に障害者手帳の申請をする。

 

先に障害者手帳の申請に必要な診断書を心療内科の先生に渡して必要事項を

記入してもらう。

 

障害者手帳を申請後、すぐに障害年金の申請準備にとりかかる。

 

先に障害年金に必要な診断書は一番時間がかかるので先に心療内科の先生に渡しておく。

そして、申請後約1月後に障害者手帳がもらえた。


3級だった…

3級かぁ…まぁこればっかりは仕方ないか…

 

障害年金の診断書がまだできない…

他の書類は全て揃っているというのに…


これは心療内科の先生次第だから仕方がない…

結局、障害年金の申請ができたのは10月になってしまった…

 

そして、障害者手帳を持ってハローワークで失業給付の手続きをして、無事300日の

給付が保証された…

 

さぁここまで順調にきている…
あと残るは申請中の障害年金がどうなるかだけだ…

 

それによって、この世で生きられるかどうかが決まるんだ…

俺の今後の人生が決まるんだ…


・・・・・


12月29日の夜、ポストを確認すると日本年金機構からの封書が届いていた…

ついにきたか…

 

申請してから約3カ月もかかっているから却下された案内か?

 

嫁も固唾を飲んで見守っている…

俺は封を開ける前に祈った…

 

そして、慎重に封を開けた…

 

結果は…

 


゛年金決定通知書

上記の通り決定しましたので通知します。

 

厚生労働大臣〝

 

 

助かった…
これで生きられる…

 

やはり、俺は光に包まれている…
守られているんだ…