人生に疲れ、闇の中でセミリタイアを願う

30代で癌に侵され、治療して会社に復帰したが肺に転移し、再度治療後会社に復帰するもパワハラでうつ病となり退職。人生に疲れ働く気力を失う。もはや不労所得しかない…株式投資で配当金生活を叶えてみせる!

ハローワークで雇用保険失業給付の手続きをした結果、給付日数は…

現在、1年6ヵ月間の傷病手当が終わってしまい収入がない…

次にできることは、雇用保険の失業給付を受けることだ。

 

俺はハローワークで失業給付を受ける為に準備をしていた。

会社を退職して、1ヵ月後くらいにハローワークへ行って失業給付の受給期間延長手続きを済ませた。

 

なぜ延長かというと、このときはまだ傷病手当をもらっていたからだ。

傷病手当をもらっている間は失業給付は受けられないので、手続きして1年間の猶予を得た。

 

そして、その間に障害者手帳取得の手続きをした。

申請してから1ヵ月くらいで、精神障害者保険福祉手帳3級が取得できた。

 

次は心療内科で就労可否証明書を書いてもらう。

医者が週20時間以上働けることを証明してくれないと失業給付が受けられないからだ。

 

先日、その書類をもらう為に心療内科へ行って来た。

心療内科で書いてもらったがどうせ記入間違いがあるだろうなと思い、その場で確認したところ案の定2ヵ所ほど間違いがあった。(この書類は、3000円かかった)

 

危ない、後で気付いたらまた訂正依頼で来なくてはならないところだった。

障害年金の申請書類も間違えられて苦労したので想定の範囲内だ…書類代1万円もしたのに…

 

1ヵ所は書く場所が違うし、もう1ヵ所は記入必須欄が未記入だし…

相変わらずやってくれる…

 

いつものことだが、心療内科ってこういう書類は慣れてるはずだと思うのだが…

その場で指摘して、訂正記入してもらった。


後日、その就労可否証明書を持ってハローワークに行った。

 

いよいよこの日が来た。
傷病手当が期間満了で終了してから、はや3ヵ月が経って収入がない状態だったからこれで時間を稼げるぞ…

 

面倒だったがちゃんと障害者手帳も取得して書類も全部揃ったから準備万端レッツゴー!

外に出るととても天気が良く風が心地よい。
まるで私を祝福してくれてるようだ。

 

薬師如来様、有難うございます!感謝致します!

早速自転車に乗り込み、心地よい風を感じながらペダルをこいだ。

 

ハローワークに到着した、混んでるなぁ~、人がいっぱいだ。
疲れそう…

受付をして案内された場所へ向かう。

 

案内された番号の場所へいくと、あれ、担当者が離席しているみたいだ。

戸惑っていると他の方が対応してくれた。


言われるまま、書類に記入したり、障害者手帳等を出した。

 

担当『確認ですが、週20時間以上働ける状態であることに間違いはないですか?』

俺『はい…』

(本当はまだ働ける気がしないけど失業保険をもらう為にはしょうがない…生活かかってるからね…)

 

担当『通院されてるのは、こちらの心療内科だけですか?』

俺『他にも癌の検査で定期的に◯◯病院に行っています。』

 

担当『傷病手当ては満了して、もらってないですよね?』

俺『はい。』

 

担当『障害年金はもらってますか?』

俺『申請中です。』

 

担当『わかりました。』

そして、障害者雇用のマークシート用紙に記入した。

 

担当『通勤場所の希望はありますか?』
俺『電車がキツいので、自転車で通えるくらいでお願いします。』

 

担当『希望の勤務時間帯はありますか?』

俺『昼くらいから4~5時間くらいでお願いします。』

 

担当『土日祝日は休みがいいですか?』

俺『そこはこだわりません。』

 

担当『賃金の希望はありますか?』

俺『それは高い方がいいですけど、その分キツい仕事になると困るので…』

担当『じゃあ、とりあえず時給1000円にしておきますね。』

 

担当『職種は軽作業で大丈夫ですか?』

俺『はい。』

担当『では、以上になります。この書類を持って2階の○番に行ってください。』

 

なんだこれで終わりじゃないのか…
あっそうか、まだ肝心要の失業給付金の話が出ていなかった。

 

案内された通りに2階へ行くと、混んでるな~
昼時だから、担当も少ないな…

 

言われた番号のボックスへ書類を入れようとするとタッチの差で他の人に先に入れられてしまった…

 

なんだ、そんな必死に俺より先にいれようとしやがって…

そんなに焦らなさんなって、慌てる乞食は貰いが少ないっていうじゃない…

 

待つ為の椅子が…1つだけ空いていたので座って待つ…時間かかるなこりゃ…

案内看板には1時間20分待ちと書いてある…

 

周りを見渡した。
ここに来ている人達もいろんな事情で会社辞めたんだろうな…

 

皆なんだか暗いオーラを感じる。俺もそうだと思うが…

ハローワークってなんだか独特な空気を感じるんだよな…
どよーんとしている…

 

えっ、1才くらいの子供を抱えた母親がいる…
なんか大変そうだ…

 

あの子の将来はどうなるのだろうか…
貧困の連鎖に負けるなよ…

人生は戦いだからな!負けないよう早い時期に気付けよ…

 

まだまだ時間かかりそうだ…
今のうちにブログの記事書こう…

ブログの記事を書いてると時間もあっという間に過ぎるし、なにより楽しい。

 

呼ばれた!
席に着くと書類を見て、記入箇所のチェック、失業給付金の振込先の口座番号等も再度確認した。

 

障害者手帳の提示も求められ、コピーを取られる。

いよいよ最重要ミッションである失業給付金の説明をはじめた。

 

担当『障害をお持ちの方で44才だと給付日数は300日です。』

(45才なら360日だったけど、それはどうにもならない。60日の差は惜しいけどね…)

 

担当『待機期間が1週間です。』

俺『金額を教えてください。』

 

担当『金額は、今出せないので次回説明会の時にお伝えします。』

(金額がわかるのは次回だったか…)

 

手続きが無事終わり安心した…

さぁこれで時間が稼げるぞ…

 

一時期は、死ぬことを考えたがブログを始めたら楽しくなってきた…

こうなったら、地べたを這いつくばってでも生きてやろう!

ただ、もう奴隷には絶対に戻るまい…