人生に疲れ、闇の中でセミリタイアを願う

30代で癌に侵され、治療して会社に復帰したが肺に転移し、再度治療後会社に復帰するもパワハラでうつ病となり退職。人生に疲れ働く気力を失う。月間21万PV達成!!感謝<(_ _)>

健康を犠牲にして、手に入れた金がたったの2000万円 Final

俺は6年振りに再び病院のベッドの上にいた…

 

肺に転移した癌は始めは1ヵ所だったが、入院するまでの2週間で4ヵ所に増えていた…

医者の話では、このまま手術で切除したとしても、その後また出てくる可能性があるという。

 

なので、まずは抗がん剤を先に投与して、これ以上増やさないようにするとのことだった。

 

・・・

 

3ヵ月かけて3回の抗がん剤を投与した。
投与方法は、胸にアクセスポートを埋め込んでそこから流した。

 

すると抗がん剤が効いたようで、癌は4ヵ所のままそれ以上増えることはなかった。

あとは手術方法を選択をしなければならない。

 

一つは、 胸腔鏡手術での切除。

二つ目は、凍結療法と言って癌細胞を凍結させて死滅させる方法だ。

 

医者によると私の場合は、 胸腔鏡手術のほうが適しているし、凍結療法の場合は、保険が適用されないので治療費が高額になるそう。

 

ちなみに凍結療法1ヵ所に付き100万くらいかかるそうだ。
私は左右両方の肺に癌がある為200万くらいはかかると言われた…

 保険が使えない時点で無理だ…

 

俺は胸腔鏡手術をした。

手術は無事成功し、術後1週間で退院させられた。

 

……

 

結局、見舞いに来てくれたのは社内の数人だけか…
とうとう現場の従業員は誰一人来てくれなかったな…

 

やはり、おれがトップの手先となって酷いことをしたからか…

 

俺の手を汚させた張本人は見舞いにも来ない…

俺がどうなろうと関係ないか…

 

昔入社した頃は、仲間が沢山いたから辛いことがあってもやってこれたんだよな…
あの頃が一番良かったなぁ…

あの頃の仲間達も皆辞めて行ってしまった…

 

会社って、随分冷たいな…
今まで会社の利益の為にやってきたけど、利用されただけだった…

 

俺の身体はもうボロボロだ…

もう、走れそうにない…

大勢の従業員達にも嫌われてしまった…

 

でも…
苦しいけど…
生活があるから…

またあの地獄に戻らなきゃ…

 

・・・・

 

俺は退院して、復帰前に菓子折りを持って一度会社に挨拶に伺った。

そこで俺は衝撃的なことを言われ…

 

◯◯『お前、わざと癌1つ残しただろ。』

 

(は…いったいなぜそんなことを…意味不明だ…)

俺『そんなことはないですよ…』

 

・・・

 

挨拶を済ませて帰宅した…
何だったんだろうあれは…


大丈夫かな…
なんか不安だな…

 

会社は俺の部長職を解かなかったけど、自分から辞退したほうが良いのか…

でもそうしたらまた、給与が新人並みに落とされるだろうから厳しいな…


・・・

 

そして、勤務初日のことだった…

 

◯◯「お前、もう現場勤務できるだろ!」

 

私はまだ厳しいと返答しようとすると…

 

◯◯「いや、できるはずだ!」

(いよいよ、俺を潰しにきたか…)


それ以降も…

皆の前でこう言われた…


◯◯『あいつは、ずっと病院で寝てただけだ!』


さらに、社内会議出席時、全員の前で

 

◯◯『お前は、すぐに出ていけ!』

 

強張った顔で怒鳴られ、俺は黙って会議室を出た。

会議室を出た俺は放心状態だった…

 

そして、容赦のない仕事が次から次へと投げられる…

こんなの辛すぎるよ… 


俺の中で何かが切れてしまった…

仕事が手につかなくなってしまい、何もすることが出来なかった…

 

心が壊れたのか?
もう何も考えられない…
もう、帰りたい…

 

・・・・

 

俺は会社を早退した…

もう以前の自分ではなかった…
自分が壊れた…

 

翌日、嫁に連れられ心療内科を受診することに…
うつ病と診断され、抗うつ剤を処方された…


もう二度と出社できなくなった…

 

会社は何よりも利益を優先するものだ…

 

当たり前だ…そうしないと皆生きていけないのだから…

当然、利益に貢献できなくなったら厄介者として扱われる…

 

どんなに病気しようが、甘えは許されない…

世の中は残酷だ…


もっと早く気付けば良かったのに…

嫁は気付いていた…


いくら役職が上がっても意味がなかった…
ただ利用されて終わった…


貧乏の家で生まれて何も才能がない俺が敗者にならない為にはどうすれば良かった?

高校や専門学校はいかなくてもよかったな…

 

中卒で働いてできるだけ倹約し、質素に暮らして必死になって金だけを貯めれば良かったか?

若い時は、本気で人生考えられなかったから…


・・・・


1年と2カ月後、退職した…
約17年間の会社員生活が終わった。
退職金は、約50万円だった…


・うつ病での収入

社会保険の傷病手当   月給の6割
(最大1年6ヵ月まで)

 

・・・・・・・・

 

最後に…

傷病手当ても満了で終わってしまった…

もうまともには働けない身体になってしまった…

 

地べたに這いつくばって生きていくしかないか…

俺のように無理して働いている人は、がん保険に入ったほうが良いかもしれない…

 

www.kabu-life.com