人生に疲れ、闇の中でセミリタイアを願う

30代で癌に侵され、治療して会社に復帰したが肺に転移し、再度治療後会社に復帰するもパワハラでうつ病となり退職。人生に疲れ働く気力を失う。もはや不労所得しかない…株式投資で配当金生活を叶えてみせる!

健康を犠牲にして、手に入れた金がたったの2000万円part8

会社に復帰した俺は、現場ではなく内勤を命じられた。


役職は、課長代理で年収350くらいだった…
嘘だろ?


これじゃ、8年前に正社員になった時と同じじゃないか…

会社に迷惑かけたから仕方がないことなのか?
ここまで下げられてしまうのか?

 

内勤は残業代も出ないから厳しいな…


復帰後の勤務がかなりキツかった…
まだ、抗がん剤の影響かな…

 

抗がん剤は確かに癌に効くかもしれないが、正常な細胞にもダメージを与えてしまう。

『毒をもって毒を制す』治療法だからだ。


傷つけられダメージを負った細胞は、きちんと回復するまではかなり時間が必要だ。

もちろん、個人差もあると思うのだが、俺の場合は仕事復帰後1年くらいは何かがおかしかった…

 

通勤時、満員電車はかなりの負担になるので早朝に出るようにした。
朝5時30分には家を出て会社に着くのが6時30頃だ。


この時間なら電車が空いてるので座れる。
業務開始が8時30分だが、7時頃から仕事を始めた。


まぁ早く仕事を始めて、早く終わらせて定時には帰ろうと思っていた。

だがしばらくすると上層部に呼ばれた…

 

上『○○さんから、お前はいつも定時で帰っていると聞いたぞ。○○さんは定時に帰れないから不公平だと言っている。』

 

はぁ…

くだらない…、本当にくだらないよ…

いちいち説明するのもめんどくさいが、早く出勤して7時から仕事をしていることを伝えた。

 

上『なんだそうだったのか、悪かったな。』

 

…疲れた…

人件費削減して、少数で仕事させるから、こうなるよな…

 

定時で帰れず、残業代も出ないわで、余裕がないのは理解できるが…

だからと言って、復帰してまもない自分に妬み嫉みをぶつけてくるとは…

 

上層部に言う内容間違ってるじゃないか。
もっと会社の体制について相談するべきだろ!

俺の批判をしたって何も変わらないじゃないか…

 

こういうことがあると定時で帰りづらくなったな…
こっちは朝早くから仕事してるってのに…

 

しかし、徐々に仕事量は増えていき、残業が当たり前の状態になり、夜遅くなって行った…

いろいろと仕事を振られるようになったからだ…

 

毎日夜遅くまで働き疲労困憊になってきた、まだ体は抗がん剤の副作用からかイマイチだし…

そういった状況の中、現場の従業員が問題を起こしたようで契約先が怒って電話をしてきた。

 

本当は上司宛に連絡してきたのだが、たまたま離席していたので、とりあえず自分が用件を聞いて対応することにした。

 

契約先は、どういう状況でそうなったのかを説明しろという。
それを聞いた俺は、まず当事者である従業員へ確認して連絡をすることを約束していったん電話を終える。

 

しかしそれから何度も電話をしても従業員が出ることはなかった…

上司が戻ったので状況を説明するも、上司は関わろうとしない…

 

この契約先はいつも上司がやり取りしている方で自分は会ったことも電話で話したこともなかった。

 

契約先は、いつまで経っても状況がわからないことにキレ始めた…

契『○○さん(上司)は何て言ってるんだ、連絡がほしいと伝えてくれ!』

 

上司にこの件伝えるも、俺に対応しろという…

ついに契約先が怒り爆発した…

 

散々怒鳴り散らし

契『お前馬鹿か、いますぐこっちへこい!』

 

参った…

この担当者すごいな…

責任者である上司に言ってもまた理由を付けて逃げられた…
結局、副責任者の俺が一人で向かった。

 

外はすでに暗くなっている…
また今日も遅くなるのか…

 

契約先に到着してすぐにお詫びするも
先方は酷く怒鳴り散らした…

 

契『○○さん(上司)はどうして来ないのか!』

俺『申し訳ありません。今緊急で別件の対応中でして…』

 

契『お前なめてんじゃねぇぞ!馬鹿か!』

契『お前大丈夫か?それで副責任者かよ?』


(初めて会った相手に怒鳴り散らし、お前呼ばわりかよ…)

(なるほどな…上司が逃げる訳だ…)

 

後日、契約先は俺じゃ話にならないと上司に連絡したようだ…

まぁそうだろうな…

 

だから最初から逃げずに対応してくれればそこで済んだはずだと思うよ…

だって契約先は、上司が対応しないことで苛立っていたんだからさぁ…

 

帰宅途中、暗い道を、歩いていると上司に対して怒りが込み上げてきた…

結局は上司が対応しないことで怒りの収まらない契約先の相手をしなくてはならなかったこと…

 

問題を起こした従業員は電話に出ず、逃げたこと…

なんで全て俺が被らなきゃならないんだ…

 

なんか社内の上層のほうでは、俺の対応が悪かったのが原因ということになってるようだ…

はいはい、そういうことですか…


上司への憎悪の怒りでいっぱいだった…

都合が悪くなると部下に押し付けて逃げるのか…

 

部下のせいにして…自分は悪くないと…

この後も相当量の仕事を振られ続けた俺はついに我慢の限界を超えてブチキレてしまう…

 

俺はもうクビになっても構わないと思っていた…

俺『いい加減にしろ、なんでいつも逃げるんだよ!』

そして、上司も怒り、激しい言い合いになった…

 

・・・

 

この件で上層部に呼ばれて話をした。
もう限界なことを伝えた…


自然と涙が溢れ泣きながら訴えた…

この俺の必死な訴えに理解を示してくれ、別の部署に異動になった…


これで俺はもう後がない、その部署でやり直すしかないと誓った…

 

・・・


(俺はまだ気付けなかった、いくら会社で出世しようとも勝ち組にはなれないことを…)

 

www.kabu-life.com